性別や年齢を問わず

巻尺

保湿が効果的

肉割れは、ストレッチマークとも呼ばれ、成長期や急激な体重の増加などによって、真皮にあるコラーゲン繊維が裂けることで起こります。妊娠中に起こるものは、妊娠線と呼ばれています。肉割れは、女性がなりやすいイメージがありますが、男女問わず起こります。女性は、妊娠やダイエットなど、急な体重の変化が多いので、特にケアが必要です。肉割れは、できてすぐは波状の亀裂が赤くなっていますが、時間の経過とともに白っぽくなってきます。肉割れは、二の腕、お腹、おしり、太もも、ふくらはぎなど、皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部位にできやすいと言われています。肉割れは、真皮の亀裂なので、一度できると消えにくく、プールなど、肌を見せる機会に気になる方も多いです。妊娠中は、妊娠線の専用クリームが認知されているので、ケアされている方も多いです。成長期は、体の成長や体重の変化がある割には、保湿が必要ということが周知されていないので、知らない内にできてしまう方も多いです。成長期のお子さんで、特に乾燥肌の方は、保湿ケアをしましょう。肉割れは、できる前に常に保湿クリームなどでケアして、予防することが大切です。できてしまった場合は、後からケアできる専用のクリームがあります。保湿成分が浸透して、だんだん目立たなくしてくれますが、数ヶ月は継続して使用する必要があります。また、効果にも個人差があります。他の治療法としては、レーザー治療があります。クリームで効果が得られない部位を治療できます。